Archive for the ‘投資’ Category

投資に向いている人の傾向

純金積立は小さな金額をコツコツと積み立てていく投資方法で、長期的に行っていくことで徐々に大きな金額になっていきます。向いている人は若い年代の人で、実際に金取引を行っている80パーセントの人が20代から40代です。これから人生のライフスタイルが変化する人が、将来的な結婚式や住宅資金のために始める傾向が強いです。
株式やFXよりも投資の雰囲気が薄いので始めやすく、初めて投資をする人にも向いています。全く投資の勉強が必要ないわけではありませんが、さほど複雑な取引や知識も必要ないので、投資でお金を増やしたいけれど自信がない人も始めやすいです。
リスクも少なく、投資というよりは貯蓄というイメージが強いです。最少の取引金額も安いため気軽に投資をしたい人にも向いています。
日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では若い人はがよく行っている投資方法です。娘が生まれたら純金積立を始め、娘の誕生日プレゼントなどに金をプレゼントすることも珍しくありません。特に女性にとっては金はアクセサリーなどで馴染み深いので、投資だという抵抗感を持たずに始められます。
安いものでは毎月1000円から始められるものもあります。小さな金額をコツコツと貯めていける根気が必要です。

金地金って何?

純金を購入し、現物資産として積立てていくのが純金投資です。金はそれ自体に資産価値があるため、預貯金や株式、債券などに比べると国内外の経済に左右されにくいというメリットがあります。事実、世の中の景気が安定し、好調に推移している時は預貯金などの紙幣資産は価値が上がりますが、不安定になると金をはじめとした実物資産の方が安定感があり、価値が上がりやすくなります。
純金積立にはいくつかの種類があります。1つめは金地金です。これはゴールドバーとも呼ばれ、棒状の金塊のことです。
多くの会社では、5グラム、10グラム、50グラムなど重さによって価格も変わってきます。1グラムといった少額のサイズから購入できる会社もあります。また、500グラム未満のバーは、売買に手数料であるバーチャージがかかりますので、注意が必要です。
さまざまな重さ・価格の中から選ぶことが出来るのがメリットです。また5年以上の保有で、税金が減額されることも大きな特徴です。金の保有は長期資産が一般的ですので、税額が減るのは好条件となります。
もう1つは金貨です。少額から始められるのが特徴です。購入価格にプレミアムが含まれ、その分割高になりますが、一枚ずつの売買が可能です。

良い点と悪い点

景気が不安定になると、将来的な自己防衛手段として投資など資産運用を検討する人が増加します。しかしながら、多くの投資には資産を減らすリスクも同居しているため、多額の資金が用意出来ないひと躊躇する人も多いのが事実です。
特に日本人は投資に対して消極的な民族のため、出来る限り低リスクで安定した資産価値のある投資商品を選びます。
そのような中で、世界的に安定資産である金投資は近年更に注目されています。金投資の良い点は、株や為替と異なり、デフレやインフレのような景気変動で頻繁に価格が上下動しますが、金はこのような貨幣や物価と余り関係なく、価格が上昇し続けてしています。
これは、金が貴重な有限資源であることが背景にあり、世界中で需要があるためです。また、株や為替のように特定の発行元がないことも、価値がゼロになるリスクが無い要因です。
地金購入と異なり、積立で金を購入する際は販売会社が無料で保管してくれることも大きなメリットです。
一方、純金積み立てのデメリットですが、株などのように配当や利息での利益を得ることができません。また、販売会社が売買取引時に買いと売りで価格差が有るスプレッドを取り入れていることもあり、短期売買の投資には向いていないことなどが悪い点として挙げられます。

必要無になる手数料について

世界的にも安定的な資産として人気が高い金投資ですが、自己資金の額に応じて少しずつ買い増しのできる純金積み立ては、長期的に安定した資産を手に入れる為にはメリットが多い投資といえます。
純金積み立てをする際に注意が必要な点として、積立金額の全額が金の購入額に充てられる訳ではないということを理解しておかなければなりません。
株式の売買のように、金を購入する場合は手数料が差し引かれることが一般的です。積み立ての場合は購入月額によって料率が定められており、少額になるほど割合も多くなるため、実質的な購入料が目減りします。
購入手続きの費用が毎月無料の販売会社もありますが、その代わりに年会費が発生するという方式の販売会社もあります。大抵の場合はどちらか一方が無料です。
他にも金を引き出す際には交換の為の料金や郵送料がかかりますが、積立期間中の保管や売却時、また、積立した分の金を金貨などで等価交換する際の費用は無料です。
保管については、自宅で保管する際は金庫の設置などリスク回避の費用も必要なので、無料保管のメリットは非常に大きいと言えます。
等価交換も、一定の金が貯まった時点で金貨に変え、自分自身で保管したい場合や、販売会社によっては宝石などと交換も出来るのでとても便利です。

おすすめの積立方法について

純金の積立は初心者でも行いやすい投資です。なぜなら積立金を1000円から選択できるからです。少額で積み立てられるので、他の投資に比べるとリスクが低くなっています。
積立方法としては毎月一定の金額を投資する方法が一般的です。この方法では金価格の変動を気にせずに積み立てていけるので、初心者にもやさしい投資です。
積立金は毎日一定の額だけ投資していくシステムとなっています。金価格は日々変動があるので、この方法では金の価格が安い日にはたくさん購入していることになりますし、高い日には少量の金を購入していることになります。
このことにより金を効率よく購入できるのです。初心者にはおすすめの投資方法です。一方でスポット購入という投資方法もあります。
スポット購入は金の価格変動をよく観察して、投資効率を上げる方法です。この方法では価格の変動について理解していることが必要ですし、ある程度経験が必要です。純金積立に慣れてきたらこのスポット購入に挑戦するのも良いです。
スポット購入ではオンラインで購入できるシステムも整ってきています。オンラインでは24時間での投資も可能なので、より投資をしやすくなっています。ボーナスなどのまとまったお金を使える場合には、このスポット購入にチャレンジしてください。

純金積立を扱っている証券会社の比較方法

純金積立とは、毎月一定のお金を支払い続けることで、純金を購入していくという投資です。株などと同様に、主に証券会社で取り扱っていますが、どこで積立てるかによって最終的な利益の幅が変わってきます。少しでも成功したければ、事前に充分な比較検討をすることが大切になってきます。
選択のポイントはいくつかありますが、そのひとつが最低投資額です。金の相場は時々刻々と変動していきますから、毎日の購入において、多少の増減が発生します。ここで肝心なのが、各社の最低取引額です。これは、多くの会社が月額数千円という単位で受け付けています。
株のようなものだと、株価は低くても最低取引額があるため、結果的に初期投資が数十万円から数百万円になることが珍しくありません。その点、純金積立は1000円という安価で受けつけているところもあります。自分で無理のない範囲を見極めて、月々のコストが安いところを選べます。
ほかに検討のポイントとしては、各社の手数料があります。せっかく安価な月額を選んでも手数料が高くては意味がありません。同様に、ほとんどの会社が年会費を設定しています。どこで投資をすればいいかは、月額費用とその他の費用というトータルのコストで見ていくことが大切です。

純金積立ってどんな投資?

純金積立は、その名の通り、純金をストックしていく投資になります。毎月数千円という安価な額を支払うことで、1日単位で純金を購入していきます。金相場は毎日変動しているので、高いときは少量しか買えません。反対に相場が安いときには多くの金を買うことができます。
そうして積み立てていった純金は、換金をすることができます。確実に積み立てをおこなっていくので、大きく損をするということがありません。相場がとても安いときには、追加購入を依頼することができるので、お得な貯め方もできます。
注意すべきは、手数料と年会費がかかることです。また、金は換金しない限り保管をしてもらっている形になります。万が一、その間に管理会社が倒産するようなことがあれば、損失を被ることもありえます。
ギャンブルでは無く、あくまでも積み立てというのがポイントです。ローリスクであり、ジュエリーとの等価交換を受けているところもあります。支払いは自動引き落としでおこなわれるので、毎月の支払いが煩わしいということがありません。
昨今では同じような積み立てとして、金の代わりにプラチナを購入するというものもあります。数千円からはじめられるので、投資の初心者向け商品と言えます。

知っておいて損はない!純金積立について

投資方法にはいろいろな方法があります。自分い合った投資方法を考えることです。
あくまで収益、キャピタルゲインを求めてリスクも覚悟するのか、初心者なので大きな投資金額を出費することは避けたいのか、など何を目的にするのかも考えてみることです。
初心者の場合は、投資商品の選び方や投資方法も勉強することが大事です。自分の金融財産の、投資商品によるリスクの分散は図ることです。
投資方法では、積立方式で行うことが出来る商品もあります。例えば定期積立預金があります。もっと収益にこだわれば、株式の積立購入や投資信託の積立購入があります。定期積立預金よりはリスクは大きくなりますが、毎月定期的に購入できるので、価格によるリスクは分散されます。
他の商品では、金投資があります。金と聞くと、お金持ちが買うものというイメージがありますが、実際はそうではなく身近な商品なのです。証券会社や金取扱い専門会社などが扱っています。
その中に、純金積み立てがあります。毎月3千円程度以上から、定期的に金を購入していくのです。証券会社等に毎月購入資金を預ければ、毎日購入してくれます。毎日一定金額を購入していくので、購入量は平均化されていきます。
リスクの分散を図りながら投資することが出来ます。金は売却しなければ、収益はありません。

単元株って何?

株式投資のメリットとしては、予算にあわせて行える事です。株式投資で頻繁に使用する単位は、最低購入数を表す単元株になります。株式投資のメリットは、持株数に応じた利益配分を受ける事です。株を所有している会社の業績上がれば分配金も多くなります。しかしこの事は、投資している会社が減益したり倒産するとデメリットにもなります。損失が多くなるからです。リスクを伴うことが株式投資のデメリットになります。 この両方をふまえたうえで、株式投資をすると良いです。 株式投資のポイントは企業の経営方針などを含め勉強をし、なるべくリスクを回避する事です。どのような業界が今後有望なのかなどに注意をする事が必要です。 株を所有するメリットは、株主としての権利を持つことです。議決権もあるので、株主総会に出席する権利があります。条件によっては、株主優待なども受けられます。 株投資をするうえで大切なのは、資金と精神の両方に余裕を持つ事です。少々の株価の上下で動揺をしないようにします。 また、自分でどの銘柄を買うのか決めます。株価の変化や経済ニュースを日頃から注意して、どの会社の株を買うか決めると良いです。まず最初のうちは、自分の好きな会社の銘柄を選ぶもの良い方法です。