必要無になる手数料について

世界的にも安定的な資産として人気が高い金投資ですが、自己資金の額に応じて少しずつ買い増しのできる純金積み立ては、長期的に安定した資産を手に入れる為にはメリットが多い投資といえます。
純金積み立てをする際に注意が必要な点として、積立金額の全額が金の購入額に充てられる訳ではないということを理解しておかなければなりません。
株式の売買のように、金を購入する場合は手数料が差し引かれることが一般的です。積み立ての場合は購入月額によって料率が定められており、少額になるほど割合も多くなるため、実質的な購入料が目減りします。
購入手続きの費用が毎月無料の販売会社もありますが、その代わりに年会費が発生するという方式の販売会社もあります。大抵の場合はどちらか一方が無料です。
他にも金を引き出す際には交換の為の料金や郵送料がかかりますが、積立期間中の保管や売却時、また、積立した分の金を金貨などで等価交換する際の費用は無料です。
保管については、自宅で保管する際は金庫の設置などリスク回避の費用も必要なので、無料保管のメリットは非常に大きいと言えます。
等価交換も、一定の金が貯まった時点で金貨に変え、自分自身で保管したい場合や、販売会社によっては宝石などと交換も出来るのでとても便利です。

Comments are closed.