良い点と悪い点

景気が不安定になると、将来的な自己防衛手段として投資など資産運用を検討する人が増加します。しかしながら、多くの投資には資産を減らすリスクも同居しているため、多額の資金が用意出来ないひと躊躇する人も多いのが事実です。
特に日本人は投資に対して消極的な民族のため、出来る限り低リスクで安定した資産価値のある投資商品を選びます。
そのような中で、世界的に安定資産である金投資は近年更に注目されています。金投資の良い点は、株や為替と異なり、デフレやインフレのような景気変動で頻繁に価格が上下動しますが、金はこのような貨幣や物価と余り関係なく、価格が上昇し続けてしています。
これは、金が貴重な有限資源であることが背景にあり、世界中で需要があるためです。また、株や為替のように特定の発行元がないことも、価値がゼロになるリスクが無い要因です。
地金購入と異なり、積立で金を購入する際は販売会社が無料で保管してくれることも大きなメリットです。
一方、純金積み立てのデメリットですが、株などのように配当や利息での利益を得ることができません。また、販売会社が売買取引時に買いと売りで価格差が有るスプレッドを取り入れていることもあり、短期売買の投資には向いていないことなどが悪い点として挙げられます。

Comments are closed.