金地金って何?

純金を購入し、現物資産として積立てていくのが純金投資です。金はそれ自体に資産価値があるため、預貯金や株式、債券などに比べると国内外の経済に左右されにくいというメリットがあります。事実、世の中の景気が安定し、好調に推移している時は預貯金などの紙幣資産は価値が上がりますが、不安定になると金をはじめとした実物資産の方が安定感があり、価値が上がりやすくなります。
純金積立にはいくつかの種類があります。1つめは金地金です。これはゴールドバーとも呼ばれ、棒状の金塊のことです。
多くの会社では、5グラム、10グラム、50グラムなど重さによって価格も変わってきます。1グラムといった少額のサイズから購入できる会社もあります。また、500グラム未満のバーは、売買に手数料であるバーチャージがかかりますので、注意が必要です。
さまざまな重さ・価格の中から選ぶことが出来るのがメリットです。また5年以上の保有で、税金が減額されることも大きな特徴です。金の保有は長期資産が一般的ですので、税額が減るのは好条件となります。
もう1つは金貨です。少額から始められるのが特徴です。購入価格にプレミアムが含まれ、その分割高になりますが、一枚ずつの売買が可能です。

Comments are closed.