投資に向いている人の傾向

純金積立は小さな金額をコツコツと積み立てていく投資方法で、長期的に行っていくことで徐々に大きな金額になっていきます。向いている人は若い年代の人で、実際に金取引を行っている80パーセントの人が20代から40代です。これから人生のライフスタイルが変化する人が、将来的な結婚式や住宅資金のために始める傾向が強いです。
株式やFXよりも投資の雰囲気が薄いので始めやすく、初めて投資をする人にも向いています。全く投資の勉強が必要ないわけではありませんが、さほど複雑な取引や知識も必要ないので、投資でお金を増やしたいけれど自信がない人も始めやすいです。
リスクも少なく、投資というよりは貯蓄というイメージが強いです。最少の取引金額も安いため気軽に投資をしたい人にも向いています。
日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では若い人はがよく行っている投資方法です。娘が生まれたら純金積立を始め、娘の誕生日プレゼントなどに金をプレゼントすることも珍しくありません。特に女性にとっては金はアクセサリーなどで馴染み深いので、投資だという抵抗感を持たずに始められます。
安いものでは毎月1000円から始められるものもあります。小さな金額をコツコツと貯めていける根気が必要です。

Comments are closed.